月次決算書とは?

中野区 税理士 【月次決算書】

月次決算書は宝の山です!

従来の会計事務所(税理士事務所)は、お客様から請求書・領収書等の資料を預かり、それに基づいて記帳を行い、試算表等の資料を作成しお客様にお届けし、決算期が来れば申告書を作成する事が主な業務でした。
現在も多くの会計事務所がこのスタイルで営業しています。

経営者は事業を継続して行う以上、記帳や税務申告は義務であり、その義務を果たさなくてはいけません。

その義務を果たすために、会計事務所は面倒な記帳や難しい税務申告を専門家として、経営者の代わりに作成する、これが従来の経営者と会計事務所の関係です。

つまり、経営者は記帳や税務申告のために、これらの業務をアウトソーシングしていたわけです。
視点が決算や税務申告に向いていたのです。

会計事務所側も正しい記帳や税務申告の為に業務を行っており、決算書の数値も税務申告のための正しい数値であり、その数値が意味することや経営者にとって役に立つ情報であるか否かは、それほど重要視してきませんでした。



中小企業の経営者で、いわゆる試算表、損益計算書・貸借対照表などの財務諸表を見ただけで、その会社の長所や短所を理解できる人はほとんどいません。
つまり、会計事務所が作成する帳票類を経営者が見ても、あまり役に立っていないのが現実だと思います。

  • 会計事務所(税理士事務所)が帳票類を持ってくるだけで、説明をきちんとしていない。
  • 税理士若しくは会計事務所職員とのコミュニケーションが少なく、提出する帳票類が数ヶ月前のものであり、何の価値もない。
  • 過去の数値を説明するだけで、その数値の意味することや、その数値から気付くべき問題点などを未来に生かそうと視点がかけている。
  • 会計事務所が作成する帳票類が経営者にとって難解であるため、見る気もしない。

加藤会計では面談、説明、報告することを重要視しています。
できるだけ毎月、会計処理を行い、月次決算書から気付きを得る事が、経営者にとって最低限必要とされているサービスであると考えています。

企業が存続・発展するためには利益を確保しなくてはいけません。
存続・発展とは中小企業がただ単に生き残るというスタンスではなく、経営者、そこで働く従業員すべてが、目標も持ち、働くことに生きがいを感じ、十分な収入を得てその家族までを幸せにする。理想かもしれませんがそれが本当の存続・発展であると考えます。



 

経営者は企業の存続・発展のためには、数値に強くならないといけません。

  • 企業が存続するために必要な最低売上高を把握していますか?
  • 毎月の固定費をきちんと把握していますか?
  • 借入金返済と納税のためには、固定費のほかにいくら利益を上げないといけないか理解していますか?
  • 売掛金の回収は遅れていませんか?売上はあるのにキャッシュが少ない原因を把握していますか?
  • 商品別の利益率を把握していますか?儲からない商品や得意先に時間をかけすぎてはいませんか?
  • アイデアは頭の中にあるのに、後回しにしていませんか?

月次決算で見えてくる数値は見方によっては宝の山です。単なる過去の集計ではなく、未来を方向性を映し出す貴重な情報です。

加藤会計では、月次決算をお勧めします。

期首に経営者が立てた経営計画を目標とし、その数値を達成するためにどのような具体的な行動を起こすのかを、経営者と一緒に考え、その進捗管理を毎月行うのが理想です。

この繰り返しこそが、企業を正しい経営に進ませ、結果的に存続・発展することで経営者、従業員、その家族の未来を豊かにする唯一の方法だと確信しております。



月次決算書は、以下の毎月の契約を結んでいただいたお客様へのサービスとなっております。
なお、経営計画の策定や予算と実績の対比、進捗管理などを含む月次決算サービスは、MAS監査契約を結んでいる場合に限り実施します。
通常の税務会計サービスでの月次決算は、前月までの損益確認がメインのサービスになります。

税務会計顧問
MAS監査
新規開業支援パック
医療経営コンサルティング