記帳代行

中野区 税理士 【記帳代行】

記帳と申告のみに特化したサービスです。

税理士の訪問サービス等の付加価値サービスを省略して、記帳代行と申告のみを希望するお客様へのサービスとなります。

記帳代行の流れ
料金表

記帳代行だけなら、税理士でない者が行う記帳代行会社がたくさんありますので、少しでも安い料金を希望するお客様は、格安の記帳代行会社にご依頼ください。

当事務所の記帳代行は、単なる価格ではなく、税務調査にも耐えうる品質の高さをモットーにしています。



記帳は、少し簿記の知識があれば誰でも出来ます。

つまり単に帳簿を付けるだけなら税理士でない者でも、商売として記帳代行業を行う事が出来ます。

しかし、中小企業の記帳で最も大事な事は、下記の点です。

  • その処理が税務上正しい処理なのか?
  • その処理が税務調査で否認され、結果的に無駄な税金を払う羽目にならないか?
  • 毎年、目まぐるしく改正される税制に対応しているのか?
  • 受けられる税制上の特典の要件を満たす帳簿なのか?

税制は毎年改正が行われます。
税理士でも改正についていくのが精一杯の状況です。
税制改正の激しい昨今において、安心して記帳を頼めるのは税理士しかいないと考えております。

もちろん、記帳代行会社に依頼していても、申告は納税者本人か税理士しか出来ませんので、別途税理士に依頼すると思います。

しかし、毎月の処理を税理士のチェックを受けている帳簿から作成する申告書と、申告の時だけ依頼する税理士が作成する申告書では、どちらが節税漏れのない申告書と言えるでしょうか?
やはり税理士も人間ですから、年1回だけの関与では見落としもあります。

普段から毎月税理士がチェックをする、若しくは年1回まとめて依頼する場合でも、記帳段階から税理士が関与することが大切です。

これが結果的にお客様が損をしない体制だと考えます。



税理士は税金の専門家であると同時に、記帳の専門家でもあります。
その税理士が行う記帳代行サービスは記帳代行会社と比較すると料金は高いかもしれません。

自社で経理社員を雇えば、少なくても300万の人件費がかかります。
簿記の分かるアルバイトや派遣社員を利用しても、月10万円(年120万円)はかかると思います。
しかも、経理社員や簿記の分かるアルバイトでも税金の事に関しては無知です。

結局、自社で経理しても最終的には税理士のチェックが必要になりますので別途コストがかかります。

税理士に記帳を依頼した場合の料金は、よほど業務量が多い場合を除き、アルバイトや派遣社員に払う金額より多額になることはありません。
つまり、経理社員を雇う余裕のない中小企業は、記帳に関しては税理士にアウトソーシングしたほうが、安い上に安心なのです。

また、記帳の段階から税理士がチェックしていれば、税務調査で大きなミスを指摘される可能性は、低くなります。

ただし、税理士に記帳を依頼した場合は、自社で記帳した場合に比べて損益管理のスピードが遅くなりますので、一日でも早く損益管理したい場合にはお勧めしません。

最近は、会計ソフトもかなり安い価格になりましたし、自社で記帳に挑戦してみるのも良い選択だと思います。

当事務所でも、通常の顧問契約のあるお客様には、記帳できるようになるまで指導させていただいています。

しかし、業務が忙しく記帳する時間がない場合や、記帳を任せられる信頼できる社員がいない場合などは、税理士にアウトソーシングしたほうが得策です。

慣れない記帳で何日も時間を費やすくらいなら、営業した方がよっぽど生産的なのは明らかです。



税理士なら記帳から申告まで一貫してお受けする事が出来ますので、記帳代行会社に依頼する場合に比べ、別途税理士等を探す手間もなく簡単です。

なお、大変申し訳ございませんが、記帳のみでの業務はお受けできません。
必ず申告業務まで一貫して行います。
当事務所では、記帳から申告までの業務を責任を持って行います。
あらかじめご了承のほどよろしくお願いいたします。

なお、年1回、決算のみをご希望の方は決算駆け込みセンターをご利用下さい。

記帳代行のお問い合わせはこちらの中野区の税理士へお気軽にお問合せ下さい!