MAS監査によるサービスの効果

MAS監査によるサービスの効果【経営計画書・事業計画書・予算実績管理】

サービスの効果

1.経営にゆとりが生まれます。

選択し得る経営意思(行動計画をベースとした数値計画)をもとに将来の資金繰り状況や利益見込みを予め把握でさるため、経営に『ゆとり』が生じると共に『先見経営』を実現する事ができます。

2.社長の迷いがなくなります。

『目標は達成できるか?』『新商品や新規市場への進出の妥当性は?』『いま設備投資や人員増強は得策か?』など社長の迷いは様々…。 経営シュレーションでは『経営の模擬実験』が可能なため適正な意思決定をサポートすることができます。

3.銀行や親会社への信用が高まります。

銀行の融資を受ける際最も重要な事は、過去の業績もさる事ながら今後の見通し…。
経営シミュレーションで経営計画書を作成し、将来の売上・見込み利益・資金繰りなど『計画性のあるデータを明示』することによって、たとえ現状が赤字でも『堅実な経営姿勢』が評価され信用を築くことができます。

4.社員の活性化・後継者の育成に役立ちます。

経営シミュレーションを媒体にして軽営スタッフや後継者と共に考え・計画立案することにより、経営者の意思を徹底させると共に経営参画意識の向上による活性化や後継者等の教育効果も生まれます。

まずは、中期経営計画を作成することが第一歩です。
ご興味のある方はお問合せフォームからお問い合わせください。