MAS監査サービスとは?

MAS監査サービスとは?【経営計画書・事業計画書・予算実績管理】

MAS監査とは、経営計画を軸とした経営サイクル(PLAN-DO-SEE)の確立による「先見経営・先行管理」を実現させ、「目標達成ができる経営体質強化」を支援する為の経営サポートです。

通常の月次決算サービスが過去会計であるとすれば、MAS監査は未来会計を実現するためのサービスです。

月次決算(過去会計)の数値から得られる情報も十分な価値がありますが、MAS監査は、経営者が未来のあるべき姿をご自身で具体化し、それに向かって、今行うべきことを定めて実行する。
その仕組み作りを、お手伝い致します。



Q1 MAS監査サービスを受けたら利益が出る(売上が上がる)のか?

→ いいえ。利益の出る経営体質を作るお手伝いをするサービスです。

Q2 目標を立ててもどうせ達成できないのではないか?

→ 目標と現実のギャップにこそ価値を見出せると考えます。



MAS監査サービスの5つのポイント

1.中期経営計画立案サポート(方向性を示す)

経営者様自らが、自社の強みと課題を整理し、経営理念・経営目標を踏まえた上で、今後の事業ドメインと3~5年後の戦略と数値計画を含めた事業計画を作成します。

2.単年度経営計画立案サポート(方法論を具体化する)

中期経営計画(事業ドメイン・戦略)を踏まえ、今年1年間の目標とする売上金額や必要経費額、設備投資、回収・支払条件をシミュレーションします。
これにより、具体的な行動計画(戦術)や、損益・資金繰りを踏まえた経営の見通しを決定します。

3.経営計画発表会サポート(全社員で共有する)

中期経営計画・単年度経営計画で作成した事業ドメインや戦略・戦術を、「経営計画発表会」にて全社員で共有し、全社一丸となって目標達成するための体制構築をサポートします。

4.達成管理サポート(予実管理・先行管理を徹底する)

効率経営のためには、計画と実績の「ズレ」をタイムリーに把握し、早い段階で「ズレ」を克服するための手段を検証し、実践する事が求められます。
計画立案後には、目標達成を組織的に実践する 「経営サイクル(仮説 →実践 →検証)」の仕組みの確立をサポートします。

5.決算リスク分析(経営課題を抽出する)

決算確定後には、「経営サイクル」をより強固なもの(経営の安定化と向上)とするために、企業に潜む経営リスクを顕在化させて、検証します。
経営リスクを改善する糸口を見い出すための決算分析を行います。

まずは、中期経営計画を作成することが第一歩です。
ご興味のある方はお問合せフォームからお問い合わせください。