帳簿を付けよう!

中野区 税理士 【帳簿を付けよう!】

何かしらの商売を始めた場合、会社、個人問わず帳簿は必ず付けなくてはなりません。

  1. 複式簿記による帳簿の作成。
  2. 領収書、請求書等の保存。
  3. 決算書の作成。

最低限、上記のことはやらなくてはいけません。

面倒くさいですよね・・・

しかし、帳簿は商売を行った結果を示す成績表でもあります。
面倒でも毎月帳簿を付ければ、商売のお金の動きがよく分かる様になりますし、無駄な支出なども把握できます。

ごく小規模で事業を行っている場合、

帳簿なんか付けなくても頭の中で理解してるよ!

という経営者も多いと思います。

それでも、毎月帳簿を付けて確認することをお勧めします。論より証拠、必ずその帳簿から何かしらの気付きがあることを保証します。

毎月帳簿を付けていない場合でも、結局は年一回の税金の申告の際にまとめて記帳する必要が生じます。

それならば、毎月少しの作業で成績確認をし、申告の際にも慌てることが無いようにするべきです。

税理士として、いろいろな会社を見る機会がありますが、経験的に言えることは、

売上が伸びてる若しくは少ない売上でも利益を多く出している会社は、例外なく社長が数字に強いです。

この数字に強いというのは、簿記が出来るとか数学が得意という類のものではなく、 商売の現場で「肌で感じる金銭感覚」と絶対的な結果である「帳簿の数値」をリンクして考えられる能力だと思います。

つまり、「今月は儲かった!」と体では感じていたのに、帳簿を見るとそうでもない、思ったより今月は支出が多く利益が出ていなかった。

そこで、経営者は考えます。感覚的には儲かっていると思っていたけど、まだ売上が足らない、経費が多すぎる・・・原因は?何とかしないと!

この気付きを経営者に与えるのが、帳簿の最大の役割です。

しかし帳簿付け(記帳)は、簿記の知識ない人や数字の苦手な人にとっては、とても面倒な作業です。

記帳のために経理の人材を雇うのもコストがかかります。

自分で記帳すれば、すぐに成績を確認できますし、時間以外のコストはかかりません。

しかし、自分で出来ない場合は外注するしかありません。
外注する場合の一般的なパターンは以下のとおりです 。(料金は比較のための目安です)

post-266

加藤会計事務所では、会計ソフトで記帳することをお勧めします。

上記の表の3のパターンが一番コストパフォーマンスも高く、かつ経営に役立つ資料がすぐに見れます。決算のときも慌てることなく、対処できます。

また、毎月会計ソフトで記帳していれば、ある程度の収入予測も立つため、節税対策なども事前にできるようになります。
銀行借入がある場合は、銀行から試算表の提出を求められる場合もあります。この場合もパソコンで帳簿を付けていれば、すぐに印刷して試算表を提出できます。

加藤会計でも、会計ソフトの導入支援を行っています。最近のソフトは使いやすくなっているとはいえ、全くの知識なしでは、まだまだ難しいと思います。

当事務所と月次の契約を頂いた場合は、無料で会計ソフト導入支援を行います。
おすすめ会計ソフトはこちらから!

ご面談、ご相談、お見積もりはこちらから。お気軽にお問い合わせください。