公庫の事業計画書を書いてみよう!

公庫の事業計画書を書いてみよう!

開業資金を自己資金だけで賄えない場合は、融資を受けることになります。

一般的な銀行は、新規開業の場合には貸し付けてくれません。

  • 最低でも2年間の営業実績
  • 債務超過ではない
  • 税金を納めている

この3つが最低条件です。

では、開業資金はどこから調達するのか?
主なものは

になります。

新規開業の場合は、まず公庫に申し込んでみましょう!

公庫の借入申込書と一緒に創業計画書というものを作成します。

この創業計画書は、非常にシンプルな事業計画書のフォーマットになっていますので、初めて事業計画書を作成するには、とても分かりやすいです。

事業計画というと、何かものすごく難しいイメージがありますが、まずは公庫の創業計画書を作成してみましょう!

日本政策金融公庫の各種書類のダウンロードページ
創業計画書などの記入例などが豊富です。
http://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

ちなみに、当事務所は、日本政策金融公庫の窓口になっております。

公庫まで出向かなくても、当事務所に公庫の担当者が来てくれ、その場で面談と申し込みが可能ですので、ぜひご利用ください。
公庫との面談の際は、税理士か当事務所のスタッフが同席しますので、公庫に直接出向く場合と比較して、安心感があると思います。

会社設立前に、一度相談してみませんか?
中野区の税理士へのご面談、ご相談、お見積もりはこちらから。お気軽にお問い合わせください。