調査官から税務調査の連絡が!

調査官からの連絡

税務調査が行われる場合、通常は、会社や事業所に電話があります。
税理士が代理人で申告している場合は、税理士に先に連絡が来ることが一般的です。

調査官から、調査したい日時の候補を提示されます。
調査官、社長や経理、税理士の3者の予定を合わせて、調査日時を決めます。

調査の目的は課税の適正化

税務調査と聞くと、何か、とても恐ろしいイメージを持たれる方も多いと思います。
何日間も会社中を調べ、税金でごっそり持って行かれる。
そんなイメージかと思います。

中小零細企業の税務調査は、もう少し穏やかです。
税務署が行う税務調査は、任意調査であり、マルサのような強制捜査ではありません。

そもそもの目的が、課税の適正化です。
悪者探しではありません。
ですので、映画やドラマに出てくるような大袈裟な調査は、中小零細企業ではほとんどありません。

  1. 調査官は1名~2名
  2. 調査期間は2日~3日
  3. 事前予告ありの任意調査(現金商売の場合は、予告なしもあります)

調査日時が決まれば、調査時に用意しておく書類など、事前準備のための打合せをお客様と行います。