急に売上が上がりそう!多額の税金が予想される場合は決算期変更で対処する。

急に売上が上がりそう!多額の税金が予想される場合は決算期変更で対処する。

  • 急に大きな案件を受注できそう。
  • 商品が想像以上に売れ出した。

このような場合でも、決算月まで時間がある場合は、納税資金について資金繰り対策できるのですが、決算期直前に売上が急に伸びそうな場合は、そうもいきません。

例えば3月決算の場合で、1月頃までは利益がトントンで営業していたところ、2月と3月に計1000万の利益が出そうな場合です。

このような場合は、急いで1月末に決算期を変更しましょう。

そうすれば、今期は利益が上がる前に決算を行うことになるので、税金は少額で済みます。

次期は2月からスタートし、翌年の1月まで決算は訪れませんので、利益が出たとしても時間稼ぎになります。

時間を稼げれば、資金繰り対策や経費のコントロールなどで、税金もある程度調整できるはずです。

決算期の変更は登記も必要ありませんので、意外に簡単に実行できます。

効果の高い手法ですので、覚えておいて損はないかと思います。
中野区の税理士へ一度相談してみませんか?

中野区の税理士へのご面談、ご相談、お見積もりはこちらから。お気軽にお問い合わせください。