節税講座

社会保険料を払えないので、会社を清算して、個人成り!

社会保険料の負担が重すぎる 最近、会社を解散、清算したいという相談が増えて来ました。 特に、 社会保険料の支払いがキツイので、加入義務のない個人事業主へ戻りたいという要望が増えています。 (個人事業でも人数や業種により、 […]

続きを読む

節税できる交際費の使い方

節税できる交際費の使い方 25年税制改正により、中小企業は、年間800万円までの交際費は全額経費になります。 会社が支払った、得意先・仕入先との飲食代やお中元・お歳暮の贈答代などの、いわゆる交際費は、法人税の計算上、中小 […]

続きを読む

役員報酬の決め方

役員報酬の決め方 会社設立すると、社長は会社から役員報酬をもらいます。 サラリーマンでいう給与ですが、この額を「いくらにしたら良いですか?」という質問が良くあります。 基本的には、役員報酬は株主総会や取締役会などで定めれ […]

続きを読む

税金が少なくなる届出の出し方

税金が少なくなる届出の出し方 会社設立すると、いろいろな役所に届出をしなくてはなりません。 届出の種類は単純に出せばいい届出と、計算方法などを選択する届出があるので区別して考えないといけません。 税務署に出す届出はその内 […]

続きを読む

赤字でもかかる税金!(消費税、住民税)

赤字でもかかる税金!(消費税、住民税) 会社設立すると、様々な税金がかかります。 税金にも大きく2種類あって、利益にかかるものと、利益とは無関係にかかるものがあります。 利益にかかるもの 法人税 法人事業税 法人住民税( […]

続きを読む

消費税を2年間ゼロにする方法

消費税を2年間ゼロにする方法 ※平成25年1月以降、免税制度は縮小されています。 会社を設立して営業を開始した場合、起業前は消費税を払うだけだったのが、今度は消費税を預かる立場に変わります。 しかも消費税は、赤字でもかか […]

続きを読む

有利な消費税の届出方法

有利な消費税の届出方法 会社設立した場合、資本金が1,000万円未満なら2年間は消費税はかかりません。 詳しくは「消費税を2年間ゼロにする方法」をご覧ください。 この2年間の間は免税事業者となり、消費税を納める義務はあり […]

続きを読む

中間申告で多額の納税が発生する場合は、仮決算で対処する

中間申告で多額の納税が発生する場合は、仮決算で対処する 中間申告や予定納税と呼ばれる制度があります。 会社や個人で、前期が黒字のため納税額が発生した場合は、その納税額を基礎に、今期に税金を前払いする制度です。 例えば、3 […]

続きを読む

急に売上が上がりそう!多額の税金が予想される場合は決算期変更で対処する。

急に売上が上がりそう!多額の税金が予想される場合は決算期変更で対処する。 急に大きな案件を受注できそう。 商品が想像以上に売れ出した。 このような場合でも、決算月まで時間がある場合は、納税資金について資金繰り対策できるの […]

続きを読む

お金の掛からない資本金の増やし方

お金の掛からない資本金の増やし方 会社法の施行後、資本金の額に縛りがなくなったため、資本金が少額の会社も多く見かけるようになりました。 ただ、実際に商売を始めると、資本金を増やしたいという要望も多いですね。 資本金を増や […]

続きを読む
1 / 212